Body Impact Produce by AMiCA

INTESTINAL ENVIRONMENT 腸内環境を整える方法

腸の悩みは腸内環境の改善から

女性で便秘や下痢など腸の悩みを抱えている人は多いでしょう。腸の症状は腸内環境を整えることで改善されることが多いので、今回は腸内環境を整える方法について見てみましょう。
腸内環境を整える方法はいくつかありますが、日常生活で出来ることを中心に、今すぐに腸内環境を改善したい人向けの方法もご紹介します。

腸内環境を整えるための食事

腸内環境を整える方法の一つは食事です。「デトックスと食べ物」のページでも少しふれましたが、腸内には善玉菌、悪玉菌、日和菌があり、そのバランスを整えることが腸内環境を整えることに繋がります。

腸内細菌のバランスとしては善玉菌優位の状態を作るのが良いとされています。
では、善玉菌を増加させる食物とはどのようなものがあるのでしょうか?

腸内環境を整えるための食事

一つは、水溶性食物繊維を含む食品です。「便秘の人は食物繊維をたくさん摂りましょう。」と言われますが、善玉菌を増加させる食物繊維が水溶性食物繊維です。
水溶性食物繊維は水に溶けて毒素を排出する効果と善玉菌を増やす効果があると言われています。

身近な食べ物としては、らっきょう、青汁、切り干し大根、ゴボウ、納豆などです。

その他に腸内環境を良くする食べ物としては、発酵食品です。
味噌はその代表ですね。チーズやヨーグルトが好きな女性も多いのではないでしょうか。

腸内環境を整えるためにこれらの食べ物を意識的に食べると同時に、規則正しい時間に食事をとることも意識しましょう。
腸に良い食べ物を口にしても、食事の時間がバラバラだったり、深夜に食事をしていたのでは腸に負担がかかって思った効果が期待できません。
腸にしっかり働いてもらうためにも規則正しい食生活をしましょう。

腸に効果的な運動

運動も腸内環境を整えるのに効果的です。
腸の主な役割は栄養の吸収と老廃物の排出です。
腸内に老廃物が溜まると腸内環境は悪くなります。

腸がきちんと老廃物を排泄するために腸の蠕動運動を活性化させましょう。
そのための運動として、腹筋を使った運動やお腹周りをひねる運動が効果的です。

腸に効果的な運動

例えば、仰向けに脚を伸ばして寝ころんだ状態から足を浮かして垂直に立てるような運動、うつ伏せで寝ころんだ状態から足を少し浮かせる運動など、簡単な運動でも腹筋を使った運動になります。
立った状態で腿上げを繰り返す運動も良いでしょう。

お腹周りをひねる運動としては、立ったままでも座った状態でも、寝ころんだ状態でもよいので、体を左右交互に90度ひねる運動を繰り返すことで、腸が刺激されます。

プチ断食で腸内をキレイにする

腸内環境を整えるために、一旦腸をリセットする目的で断食するのもよいでしょう。
デトックスと食事」や「デトックスとダイエット」のページでもご紹介したプチ断食がおすすめです。

プチ断食は週末の3日間を使って腸内の老廃物を排出する断食法です。
初日は食事の量を減らして内臓に負担を与えないようにし、2日目は水分だけで生活します。
3日目は回復日として、内臓がびっくりしないように御粥やスープなどから食べ始め、夕食に普段の食事に戻していきます。

プチ断食で腸内をキレイにする

今すぐに腸内環境を整えるなら腸内デトックス

食事や運動、断食など、時間が掛かったり面倒なことは苦手という方にはある程度即効性が期待できる腸内デトックスがおすすめです。

腸内環境を良くするためには老廃物を排泄することが大切ですが、デトックスマッサージで内臓や体幹、腸に刺激を与えることで腸内環境を整えていきます。

ボディインパクトプロデュースバイアミカ のスタンダードデトックスでは、頭の先から足の先までデトックスします。
お腹周りが気になる方や腸のつまりを感じている方には、お腹周りを集中的にデトックスするので、おすすめのデトックスメソッドです。


人が健康であるためには腸はとても大切な器官です。
普段から規則正しい生活や食事、適度に運動することで健康な腸を保ちましょう。
それでも腸のつまりを感じたら、プチ断食や腸内デトックスなどで、定期的に体をメンテナンスしてあげましょう。

TOP